WEB WEB RESORT!


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

かつては、テレビ番組の録画にはビデオテープが使われていましたし、ホームビデオの撮影にも、miniDVが使われていました。現在では、テープを使う録画はほとんど行われず、ハードディスクやSDカードなどに映像を記録しています。大容量の映像もコンパクトに収納できますし、様々なデバイスで楽しめるのも良いところです。古いビデオテープは処分してしまう人もいますが、貴重映像を記録したビデオテープや、子どもの成長を記録するなどの大事なホームビデオの映像はデジタル化して残しておきたいと考えている人もいるのではないでしょうか。ビデオテープからDVDへのダビングは、個人で行うこともできますが、多くの本数となると時間や手間もかかります。miniDVダビングを簡単に行いたい、できるだけ高画質でデータ化やデジタル化をしたいのであれば、専門業者に依頼することも考えてみましょう。ダビングに対応する業者も多く存在しますが、安心して依頼するならダビングコピー革命がおすすめです。こちらでは、年間15万本ものダビング実績があり、時間制限もなく何時間でも同一料金で対応してくれます。DVD化する場合も、メニュー画面は無料で作成してくれますし、10分ごとにトラックも無料です。データ化の場合も時間制限はありません。データ化は汎用性のあるmp4形式で納品されます。納品時のメディアもなんでもOKとのことなので、HDDやUSBメモリなど希望のものを選びましょう。ダビングが終わった後のオリジナルテープも返却されるので安心です。古いテープではテープ切れの心配もありますが、もしも切れた場合も無料で補修・修理をしてくれるので追加料金の心配もありません。作業中に間違いが生じた場合も安心保証があるので、やり直してもらうことができます。申し込みは公式サイトから手軽にできるようになっています。テープが到着後にカビや破損の状態を確認しての作業になるので、申し込み時点ではまだ料金も発生しません。料金の目安を知りたい人はWEB自動お見積で確認してみましょう。
Tagged on: ,ダビングコピー革命