キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

神奈川県は南足柄市の保育園、桃とひよこ保育園は、内閣府から企業主導型保育事業の認可を受けた保育園です。提携する地元企業と契約して、そこに勤務されるスタッフのお子様を預かります。契約企業は複数あるため、地域密着で育児の環境を整備しています。特色はと言うと、まずは食育活動です。味覚を養う子供たちのこの時期は、いかに大切だと考え、専門のアドバイザー指導の元、多くの食への出会いを演出しています。そして食育に繋がることとして、農業の体験にも力を入れています。種や苗を子供たち自ら植えることにより、収穫したらどのような野菜になるかという体験を率先して行っています。そして収穫された野菜などの食べ物の皮むきをしたり、お米をといだりということも子供たちに教えて行くことにより、食に対する関心を引き出して行きます。給食の献立の食材は、いつも地元のものであり、旬のものを選ぶことで、栄養のことはもちろんのこと、子供たちのこの時期の五感を刺激します。季節の行事やお誕生会、ベビーヨガや英会話教室なども積極的に推進しており、今体験・経験することがとても大切になるであろうことにも力を入れております。当園は、自然に触れることが出来て、自然からの恵みを存分頂ける、この時期のお子様にとって、理想の年月を過ごすことが出来る保育園であり、豊かな心を持って考えることの出来る、そして思いやりを持てる人に育ってくれるような人間を育てることをモットーにしています。そのために上記のようなことを率先して行い、地域と一緒になることにより、地域活性化という分野にも貢献しています。都会への一極集中をいかに緩和するかは、これからも社会的に問題になることが予想されますが、当園は地域、地方で企業と力を合わせて、地域、地方で一緒に育て、育って行くという、地域活性化にこれからも力を注いで行きたいと考えています。子供たちの未来は、私たちの未来と同義語であり、常に第一に考えていかなければならないことだと考えています。
Tagged on: ,桃とひよこ保育園