[会社URL:http://www.kojindo.jp/vision/

WEB WEB RESORT!


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

書籍を売りたい場合、宅配買取りを選択することができます。宅配買取りは、自分のペースに合わせられるので忙しい人にとってもおすすめです。具体的に宅配買取りを依頼する場合、まずは、メールで無料査定してもらうことから始まります。書籍を特定できるISBN番号があるかをまずか確認し、あれば、査定の際に通知することに。ISBN番号を通知する場合には、ハイフンは「抜いて」知らせる必要があります。もし、ISBN番号が不明の場合は、書籍を特定するためにタイトル・著者名・出版年・文庫か単行本なのかを知らせましょう。この際、分かる範囲の対応でOKです。書籍を特定するための情報などを知らせたら、店から2営業日以内におおまかな査定金額の連絡が来ます。連絡が来たら、売るのかを通知することに。他店より6倍高く売れることが期待できるのであまり無いでしょうが、万が一査定額に納得できなければ無理に買取りしてもらう必要はありません。なお、この段階で案内された査定額は予定だということに注意しましょう。現物を直接見て査定しないと正確な額が分からないからです。査定額に納得できた場合は、売却予定品を店に送ることになります。この際に、査定額3000円以上になるように調整するのがおすすめ。それは、査定額3000円以上の場合は送料が無料になるからです。書籍以外にも、ブルーレイやDVD、CDなども買取りしていているので、査定額3000以上になるように家にある不用品はまとめて売ってしまいましょう。なお、書籍の場合、こちらの店では平均買取り価格一冊120円となっています。送ったあとに査定額が変更することも考量して、本を売る場合は30冊以上にするのがおすすめ。なお、段ボールが無い場合、連絡すれば届けてもらうことが可能です。荷物を送ったら、現物を手に取りながら再度査定されることに。その後、確定的な査定額のお知らせがあるので、納得できれば買取りしてもらうという流れになります。売却代金は、振り込みなのでとっても楽です。ちなみに、店からの案内が来た後に1週間無連絡だと査定額を自動的に振り込まれるようになっています。
Tagged on: ,古本マージナル